よくいただく質問

よく頂く質問

FAで使われる産業用ロボットの多くはハンドリング作業を担当しています。この産業用ロボット導入に関して、お客様さまからよくいただくご質問をQ&A形式でまとめました。

≫ ≫ ロボットと専用機

 専用機とロボットの差はなんですか
 専用機は、用途を特化しているため多用途な作業はできない、扱いやすくて大量生産向き。
ロボットは条件分岐命令を持ち、NC制御を行いません。なので、ある程度の再プログラミング、若しくは自律的に多用途な作業が可能になりますが、特定の作業に対しては専用機の性能には及ばないし高価になりやすい傾向にあります。
但し、専用機にロボットを内蔵する場合も多くあります。
 ロボットは人手作業や専用機に勝りますか?
 重いものを繰り返し移動するとか、単純な作業を休みなく延々と続けられるなど、ロボットでできることはたくさんありますが、オールマイティではありません。人手でなければできない作業や、ロボットを使うほどでもない作業などにロボットを導入すると、冗長の設備となってしまいます。
また、専用機は用途が特化されているので、特定の作業には強いのですが融通が利かない面もあります。
初期投資 パワー /
スピード
繰り返し 作業変更
への対応
スペース 過酷作業 衛生
人手作業
ロボット
専用機より低価格※1専用機構成によっては劣る品質安定、工程の統一性対応可※2専用機より占有スペースは小さい※1悪環境下での稼働、24時間稼働可能省人・無人化によ向上
専用機
※1 複数の専用機で構成した場合と比較
※2 プログラムや周辺装置の変更できる範囲で可能
 産業用ロボットにはどんな種類がありますか?
 1、ロボットの形状による分類
  •  ・垂直多関節ロボット:軸数は4~7軸 
  •    人の腕のような形状で自由度が高く、最も活用されているタイプ。ロボットアームとも呼ばれ、汎用性が高く搬送から溶接・塗装・組立など幅広工程に導入されています。但し、自由度が高い反面、直交ロボットに比べて機械剛性は低い傾向にあります。
  •  ・水平多関節ロボット:軸数は4軸 
  •    水平にアームが作動します。4軸構成で上下方向の剛性が高く、かつ水平方向に柔らかさを持っているので、部品の押し込み作業などに適しています。
  •  ・パラレルリンクロボット:軸数は4~6軸 
  •    パラレルメカニズム(並列なリンクを介して1点の動きを制御する方法)を使い、主にピック&プレースで活用されています。複数モーターの出力を1点に集中させるので、高精度・高出力なことが特徴。そのため、多関節ロボットでは難しいプレス加工にも対応。
  •  ・直交ロボット:軸数は2~4軸 
  •    単軸直動ユニットを組み合わせたシンプルな機構で、直線的な移動のみのため作業は限定されます。構造がシンプルなぶん、設計の自由度が高くなります。
2、溶接ロボット・塗装ロボット・組立ロボット・検査ロボット・搬送ロボットなど、特化開発された用途で分類することもある。

≫ ≫ ロボット導入に向けて

 産業用ロボットはどんな産業分野に導入されていますか?
 工業向けから導入が広まった産業用ロボットも、物流や医薬・食品、サービス分野にも導入されています。
  ロボットは、工業向けと非工業向けとに大別され、産業用ロボットは工業向けに多くが導入されています。非工業向け用途は、建設用・医療用・掃除用・警備用・レスキュー・エンターテイメント等のほか、種まきや除草・収穫をする農業用、搾乳などの酪農用にも開発・導入されています。
  (弊社ではFAにおける産業用ロボットの対応をしています)   
 産業用ロボットはどんな作業に使われますか?
 ロボットは大量の単純作業にも、少量の複雑な作業に向く機械装置といえます。人手作業と専用機の「良いとこ取り」の実現で、これまでに導入されていなかった「スキ間」部分での活用も期待されます。

「費用対効果が高い」作業観点からみると、
  • 1、作業量が多く手も、作業の複雑さや変動度合いにより、ロボット活用が専用機以上の費用対効果を生むエリア
  • 2、作業が複雑であっても、ロボット技術のにより自動化あるいは作業の簡易化(省人化・省スキル化)が可能なエリア
  • 3、あまりに頻繁な作業内容変更に、人の作業熟練が追いつかないエリア
などにも、ロボットの導入メリットが期待されています。
 産業用ロボット導入のメリットは?
 総合的視点では、コストパフォーマンス ⇒ 費用対効果 のひとことに凝縮されます。
  •  ・サイクルタイムの短縮が実現※1 → 生産量の増加
  •  ・人手作業より精度の高い作業 → 高品質安定
  •  ・365日24時間休みなし稼働が可 → 生産性向上、作業員の省人化
  •  ・肉体的負担の多い作業を代替 → 作業環境の改善
  •  ・人手作業では難しかった検査が可能 → 高付加価値 
  •  ・人手作業より省スペース → 面積生産性向上 
  •   →  → 省エネ・ローコスト・高速高精度・知能化・保守性などが挙げられます。
※1、ワーク(製品)によっては、1/10秒レベルの短縮になる場合もあります。
 産業用ロボットで、どんなことができますか? 
 ロボットシステムのほんの一例です。
  •  ◆ パレタイズ・デパレタイズロボットシステム
  •  ◆ 各種ハンドリングロボットシステム(組立を含む)
  •    利用分野:自動車部品、機械加工部品、電機部品、電子部品、ガラス系部材(液晶、ソーラーパネル、自動車用・車載用硝子)、食品、ゴム・樹脂成形品、事務機部品、鉄鋼部品、化学薬品、医用・薬用材料、木工製品、土木・建材・建築部材、その他
  •  ◆ 2次元ビジュアルセンサ付ロボットシステム
  •  ◆ サンプリングロボットシステム
  •    画像処理技術応用検査、食品・化粧品容器検査選別、その他

ロボットメーカーの技術は日進月歩の進化を遂げています。まずは、『ここからここまでの作業をロボットで代替できないか?』と、お問合ください。
重いもの・熱いものを持つ『ちから自慢君』や、数ミリの部品を扱う『繊細さん』が、マニピュレータ(腕)の先端に専用のエンドエフェクト(ハンド)を装着して、さまざまな作業をこなします。


≫ ≫ 助成金、補助金など

 産業用ロボットの導入に、補助金や助成金制度はありますか?
 経済産業省からの補助をもとに日本ロボット工業会が「ロボット導入実証事業」を実施しています。
 (A)ロボット導入実証補助事業
  ものづくり分野やサービス分類におけるロボット未活用領域手のロボットの導入の実証を行う事業者に対し、当該実証事業に要する費用(ロボットシステムの設備費用、SIerによるシステムインテグレーション費用、等)の一部を補助。
 (B)ロボット導入FS補助事業
  ものづくり分野やサービス分野におけるロボット未活用領域へのロボット導入を検討する事業者に対し、当該ロボット導入についての実現可能性調査(以下「FS」という。)を行うための費用(SIerによる業務分析、ロボットシステムの検討、費用対効果の算出のための費用、等)の一部を補助。 

  • ◆補助対象となる事業
  •  A:労働生産性の向上
  •  B:過酷作業、熟練技能の代替・支援
  •  C:複雑・困難な作業のロボット化
  •  D:三品産業におけるロボット活用
  •  E:サービスのバックヤード等におけるロボット活用
  •  F:日常空間におけるロボット活用
  •  G:ロボットによる新たなサービスの実現
  •  H:システムインテグレータの機能強化

●参考:平成29年度の公募は終了しました。
 補助対象となった実証事例を教えてください
 採用事例集のハンドブックを参照ください。
    2017版 ロボット導入実証事業事例紹介ハンドブック2017(PDF / 133ページ / 約15MB)
    2016版  ロボット導入実証事業事例紹介ハンドブック(PDFファイル・約14MB)
     ■ ロボット実証事業記載例
  •   製造業 : 鉄鋼業・金属製品・業務用機械器具・プラスチック製品・繊維・情報通信機械器具、その他
  •   食品製造業 : レトルト・パウチ・ケーキ製造・漁業、その他
  •   サービス業 : 物流・印字・店頭での箱詰め・クリーニング、その他

 2016 概要版(PDF・約 4MB)・記載内容

    1.製造業
  •  ・ 南部鉄器鉄急須の琺瑯工程にロボット導入
  •  ・ 内視鏡用マイクロモータ製造工程にロボット導入
  •  ・ 粉末冶金における圧粉体のバリ取り作業へのロボット導入
  •  ・ 木質系複合フローリングの接着工程へのロボット導入
  •  ・ 眼内レンズの検査工程をロボット化
    2.食品製造業
  •  ・ パン生地の焼型への投入工程にロボット導入
  •  ・ つみれのトレー詰め・袋詰め工程へのロボット導入
  •  ・ レトルト殺菌食品の箱詰め工程へロボット導入
    3.サービス業
  •  ・ リネンクリーニングのタオル結束工程にロボット導入
  •  ・ 物流センターにおける商品ピッキング工程にロボット導入
  •  ・ 物流現場の重量物搬送作業へのパワーアシストスーツ導入
 その他の事業補助金、助成金はありますか。
 産業用ロボット導入支援補助がある自治体はありますが、全ての自治体ではありません。工場所在地のある自治体(都道府県・市町村)にお問合せください。