『お客様からのお問合せから納品まで』新光技研の省力化機械・自動化装置の製作フロー


 省力化・自動化の設計・製作は新光技研にお任せください

新光技研の機械ができるまで

 新光技研に寄せられるご依頼やお問合せは、省力化・自動化機械装置の製作に限らず お客様ごとに環境や条件が違います。
 お客様は何を望んでおられるのか、どの点が最重視されるのか・・・・大切な要素は携わるスタッフ全員で共有し、一日も早くお届けする。。。新光技研の製作現場ではお客様の要望に寄り添う製品づくりを心掛け、問題解決に取組む姿勢を評価していただいています。

» » ご依頼、お引合

「工場の省力化・自動化を図りたい」「こういった経路でモノを移動させたい」「複数の工程を一つのラインにまとめたい」「正確な作業をするロボットで生産稼働率を上げたい」「コストダウン」・・・・お客様のご希望という課題をいただきます。また、図面や部材のご支給で、製作・組立のみも承ります

» » 打合せ、仕様確認、現地確認

計画的な製作のご依頼は、お客様の仕様書をもとに打ち合せをします。仕様書のないご依頼は、お客様が最優先で解決したい課題を中心にご意向をお聞きし、コストダウンを思索します。また、実際に納入予定の工場・工程を見学し、弊社製作事例や汎用機の活用を視野に入れ 解決策を探ります。

» » 構想図の作成、見積書の作成 → 提出

お客様のご要望と収集した情報をベースに、機械装置の概要や基本的なことをまとめた見積仕様書・見積構想図を作成します。見積仕様書に基づき、見積書を提出します。

» » ご承認 → 受注

提出した御見積書類にてご検討のうえ、お客様のGO!サインをいただきます。お客様から注文書等の正式発注書類の受領、必要に応じて秘密保持等の契約締結後、本格的にスタートします

» » 社内ミーティング

製作にとりかかる前に、これから作り上げる機械に関しての情報を関係スタッフ全員で共有するミーティングを行います。お客様にとっての優先項目・お客様にこだわりのある機能や部品・スケジュール・納期など周知徹底。すべての工程でコスト意識し費用対効果の高い製品製作に向かい、作業に入ってからも進捗確認を含めたミーティングは、欠かすことができません。

» » 部品図作成

ご承認いただいた構想をもとに、製作に必要な部品図・組立図を作成、検図後に製作に入ります。メカ・電気・組立の連携で作業を進め、工程表をまとめます。カスタムメイドのオリジナル機械装置を製作するための教科書は、どこにもありません。一つ一つの作業に細心の注意を払う集中力が必要です。

» » 部品製作・加工・組立

加工機などの設備を使って必要な部品を製作・加工、必要な部品が揃ったら組立作業に入ります。内製方針なので、作業中に遅れが出ても正確に把握できるので、工程修正などはリアルタイムで対応できます。並行して電気制御に関する設計、制御盤・操作盤などを製作し、組立時には配線作業を行います

» » 社内調整、お客様立会い

組立作業とメカ・電気ともに社内調整をします。お客様の立ち会いのもとで試運転をして、動作・操作性・作業出来栄え等をお客様にご納得いただけるまで調整を行います。社内基準の検査を経て、お客様への出荷準備が整います。

» » 出荷・納入・調整 → 検収

完成した機械装置をお客様のご指定工場にお届けします。搬入 ~ 据付 ~ 試運転調整を経て、お客様立ち会い運転をもって納品完了・検収をお願いします。納入機械の特性により、必要に応じてオペレーター教育までフォローいたします。

» » 保守

お客様に納品した機械も、使いっぱなしでは寿命が短くなります。適正なメンテナンスを行うことは、事故を未然に防ぐことはもちろん、突発的な機械トラブルを予防し、維持管理コストの削減へとつながります。「常にベストな状態」で永くご使用いただけるよう、メンテナンス契約など全保守サポートも 別途 ご用意しております。

製品情報 (1)

ロボットシステム

ロボットシステム

3台のロボットで、正確なノンストップ作業(例)

コンテナミキサー

混合機

少量から3,000Lの大容量まで対応できます

折コン洗浄ライン

搬送ライン

パレタイズや洗浄工程の組まれた搬送ライン

製品情報 (2)

コンテナミキサー

コンテナミキサー

混合容器をコンテナとしてフレキシブルに運用します

ロボットシステム

ロボットシステム

加工機 & エアブロー & 検査工程 にロボット組込み

小型ふるい機

小型ふるい機

ポータブルタイプのふるい機。テスト機の無料貸出OK

AGV

AGV

低床・潜込み・磁気誘導式のAGV

水切り装置

水切り・除水装置

レトルトの冷却後の水分を、短時間で除水

FA全般

FA全般

工場における生産工程の自動化を図ります

ご訪問数

↑ PAGE TOP